banner

結婚式での祝辞について

banner 私は今から約25年前の24歳の時に結婚しました。
結婚式と披露宴は東京池袋にありました結婚式場で行い、多くの親族や会社関係者の方、友人たちが集まってくれて結婚を祝ってくれました。
披露宴ではまず仲人でありました会社の上司の部長が挨拶をしてくれました。
部長は私たちの馴れ初めなどについて約10分程度お話をしてくれました。
そしてその後乾杯の挨拶が行われた後に、私と妻の両方の祝辞の挨拶が行われました。
私の方の祝辞の挨拶は当時私の直属の上司でありました所長が行ってくれました。
所長は普段仕事では堂々と社員の前で話していましたが、その披露宴では珍しく緊張してしまい、声が震えたり話す内容を忘れてしまって言葉を詰まらせてしまうことになってしまいました。
そのまま早く挨拶を終わらせれば良かったのですが所長はとても真面目な方であったので、最後まで言葉を詰まらせながらも祝辞を述べてくれました。
決して良い挨拶とは言えませんでしたが、所長の真面目さのこもった挨拶でありました。

一生の記念に結婚写真

婚活バスツアーでの「出会い」

大阪でウェディングドレスをレンタル!

婚活パーティー中高年を池袋で

オリジナル指輪

結婚式 祝辞関連情報一覧

banner
結婚式の祝辞を読むときに緊張してしまう人はたくさんいます。
スピーチを書いた紙を持つ手が震えて

結婚式の祝辞について

banner
結婚式の披露宴で祝辞が始まったら、会話を控えて食事の手を止めるようにしなければなりません。

結婚式の祝辞で気をつけたいマナー

banner
結婚式の祝辞を初めて頼まれた場合、ほとんどの人がどんな準備をすればいいのかと戸惑うでしょう。

結婚式の祝辞を考える

Copyright(c) 結婚式 祝辞 All Rights Reserved.